スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
Ergo Proxy 16話 感想


▼第16話「デッドカーム/busy doing nothing」

前回のクイズ番組はスルーでリルの観察日記。
なので、特に何もないんですが、前回より面白かった?w

なんていうか、新婚夫婦みたいな(笑)
トイレの便座とかまさしく!!
Ergo Proxy OST opus02 Ergo Proxy OST opus02
TVサントラ (2006/08/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
夫(ビン)は子供(ピノ)と仲良く遊び、それを遠巻きに見てる妻(リル)
子供が母の真似ごとをするのに「家族」のようなものを感じた。
特に化粧。子供が悪戯で母の化粧を真似て・・・それに父も加わり「もっとこうして・・・」とかやってるところを母に見られちゃう。弁解の仕様がないよね(笑)

リルがビンセントの顎から出てた毛を見つけてじっと見ていると、ビンセントに問いかけられ「眼球運動だ」と答えたのに笑った。
その後、リルが抜いちゃうんだもんな。そんなに長かったっけ?てか、毛が成長した?(笑)
スポンサーサイト
【2006/07/16 00:59】 [アニメ/放映終了]Ergo Proxy (END) * トラックバック(0) * コメント(4) *

<<BLOOD+ 40感想 | ホーム | Ergo Proxy 15話 感想>>
コメント
--感謝です!--
わざわざサイトまで紹介してくださって、ありがとうございました。
まだ全部は見ていませんが、22話の感想を読み、感動のあまり『ありがとう!』と言ってしまいましたよ(笑)
ここの17話の感想を発見したときもそうだったんですけどね。
探せど探せどエルゴのサイトは非難っぽいのとかが多いので、オアシスが一つ増えて嬉しい限りでした。

さて、16話ですが、『家族っぽい』ですか。考えたことありませんでしたが、確かにそうですね。
ビンスはもう、恋と呼べるようなゾーンを通り過ぎ、既に尻に敷かれているし、男女の緊迫感はリルとビンスの間には皆無と言ってよいような。
リルが便座の件などに対し『プラクシーと感染オートレイヴ、人間の間には深い隔たりがあると感じた』なんて言ってますが、それは単に男女の違いだって!やっぱり、つっぱっていても箱入りちゃんなんですね。
そんなリルも、最後には今まで苛立たしく、不可解でしかなかったビンスたちの行動がちょっと理解できるようになるわけです。
ビンスのまねをした後の『すっきりするな』という台詞には、それがよく表れてますね。
リルもなんだかんだでロムドの合理主義が染み込んでいたんだと思います。だから、やることも無く風を待つだけの日々に苛立っていたのでしょう。
一方、ビンスなどはそんな状況でも逆に楽しんだりしていましたが。
それって、人として大事なことだと思います。プラクシーだからとか、オートレイヴだからとか、そういうんじゃないんですよ、きっと。
そんなことも受け入れつつ、この回で、リルはちょっと優しくなったような気がします。心が広くなった感じですね。自分にも、他人にも。
『今は、笑顔の自分を許せる気がした』などの一連のモノローグと、オーロラの空に吸い込まれていく日記。
あのシーンは音楽もよかったです。
リルもビンスたちと出会って変わったんだなあ、なんて思った回でした。
まあ、実はその前からビンスにちょっと笑いかけたりもしていたんですけど、きっとリルは無自覚・・・(笑)

ついでにいうと、この回は映像が全体的によかったと思います。
特に、ビンスとピノが豆を煮ているシーンとか、なんか清い感じで好きでした。

それにしても、あの時リルはビンスの毛を抜いていたんですね。気がつかなかったなあ。てっきりからかわれたんだと思っていましたよ。
そういやリル、イギーの夢見てましたね。
イギー・・・(悲)

【2006/11/19 18:33】 URL | ゆみ #-[ 編集] |
--ゆみ さんへ--
こんばんは。
先日ご紹介したサイトさん、見て頂けたようですね。
あのサイトさんは本当、すごいですよね。あそこまで細かく考察しているサイトはないと思います。
エルゴの感想サイトは批難っぽいのもそうですが、あまり核心に触れるようなことを書いてくれるサイトがなかったので、とても助かったのを憶えています。

16話はリルがだんだん心を開いていったり、ほのぼのしていて好きな回です。
そうですよね、ビンはすでに尻に敷かれていますよね(笑)それが似合ってるのでいいですがw
最終話が終わった後も、こういった感じで旅をしているんじゃないかなぁと思ったりします。
それを遠巻きに見ているクリステヴァが目に浮かびます。

リルがビンに対する自分の気持ちに気づけば、男女の違いや緊迫感を味わい悩む日も来るのでしょうね。いつになるか分かりませんが(笑)
最後のほうの「すっきりするな」の台詞は、こっちもスッキリした気分になったのを憶えています。
そうですね、どんな状況であれその状況を上手く使うというのは大切ですよね。楽しむのも然り。難しいことですがね・・・

そうそう、エルゴは音楽も結構いいですよね。私はサントラもよく聞いてますw
OPとか結構好きです。OPは映像自体、格好良くて好きですね。
OPは今年一番じゃないかな、と思ってます^^

最後に1つだけ言っておきたいことが・・・
毎日更新しているのに返信がない、と不快な思いをしているかもしれません。
このブログは2人で書いてますので、私が書いたり相方が書いたりしています。決して無視をしているという事はありませんので。
何か支離滅裂で申し訳ないです。それでは。
【2006/11/24 23:18】 URL | cocoa (retire8:neo) #mQop/nM.[ 編集] |
--そうだったんですか!--
私こそ毎日見ているわけでもないんで、別に構いませんでしたよ。
私の長い文は返信するのも読むのも骨だろうなあと思っていたんで、ゆっくり書いてくださって結構です。
無理せず緩やかに語り合いましょう(笑)

遠巻きに見ているクリステヴァって、良いイメージですね。
ロムドの生き残りが彼女で良かったと思います。まあ、あそこには彼女しか旅に同行できそうな人は居ませんでしたが・・・。

何気に優しいですよね、彼女。多分、かなり昔からコギトにかかっていたん
でしょうが、それを淡々と隠し通していた(恐らく)あたり、精神力もあるし、頼もしいです。

彼女は、公式HPによると(わざとそう書いたのかもしれませんが)局長に惚れてるらしいですが、それはちょっと違うような。
まあ、『私は誰の味方でもありませんでしたが、あなたのことは結構嫌いじゃありませんでしたよ。局長』ってとこでしょうかねえ。17話の雰囲気とか見ると。
でも、ほんとうは味方だったのかもしれません。少なくとも最終的には。
それを敢えて言葉にはせず、『役目』とか『命令』とかって、堅苦しい単語にするのが彼女ですけど。
実は不器用なんでしょうかねえ。

そうそう、ご紹介いただいたHPで『あごひげ』が象徴だったとありましたが、・・・そういう視点とか、本当凄いですよね。感服しましたよ。勉強になります。

ところで、『スピッツ』って、お聞きになりますか?この回はどうも『春を待つ』って曲のイメージと重なるんです。ぜひ一度聞いてみてください。

【2006/11/29 01:08】 URL | ゆみ #-[ 編集] |
--ゆみさんへ--
こんにちは。
お気遣い有難うございます。

そうですよね、ロムドの生き残りがクリステヴァでよかったと思います。
彼女は「見守る」という形がよく似合ってる気がします。

というか、公式HPで局長に惚れてるらしい、なんて書いてあるんですか?そんなことが・・・見ていて、そんなこと感じませんでしたけどね。
ゆみさんの言うとおり「嫌いじゃありませんでしたよ」ってところだと思いますね。

あのサイトさんは視点が違いますし、奥が深いのでエルゴ好きにはたまらないサイトさんだと思います。尊敬しちゃいますよね。

スピッツですか。昔出してた曲しか知りません・・・^^;
「春を待つ」機会があれば聞いてみたいと思います。
【2006/12/06 11:59】 URL | cocoa (retire8:neo) #mQop/nM.[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/154-b2398ab3
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。