スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
Ergo Proxy 第18話 感想


▼第18話「終着の調べ/life after god」

やっとモスコに到着。長かった。
が、ビンセントは何も思い出せない。絶望するビンセントの代わりにリルとピノがモスコ内を調べまわる。
Ergo Proxy OST opus01 Ergo Proxy OST opus01
TVサントラ、RADIOHEAD 他 (2006/05/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
その間(?)赤いマント(に見えた)を靡かせたプラクシーが。もしや、プラクシーワンだろうか?
そのプラクシーは地下施設にビンと同じ首飾りを使い、施設の鍵を開ける。中にいたのは記憶の番人。ビンの記憶を預かっているとか。本当に覚えてるのか?と不安に思ってるところ、プラクシーが番人を破壊。
それってビンに「思い出して欲しくない」ってことか。しかし、この辺は画面が暗くてよく分からなかったナ。

リルたちも地下施設へ到着。中には記憶の番人の壊れた姿。
番人は「別れたものは1つにならねばなりません」と繰り返す。
ビンと記憶のことを言っているのか、ビンとプラクシーのことを言っているのか・・・

そして壁に書かれた文字「awakening」と番人の言う「ロムド」の言葉。
番人の首に掛かったビンと同じ首飾り・・・あの首飾りってビンと番人を殺したプラクシーしか持ってないのかな?それと、数字は書いてないのかな?

リルたちはロムドへ戻る事に。
これまで長かったけど、本当はロムドまでどのくらいなんだろうね。次回でロムドに戻ってたり?というか、モスコとかロムドとか言葉が似てて混乱する!

ラウルとデダルス
ラウルは裏切り者として裁かれるかと思いきや、更迭は取りやめになり好きにやってみろと。
それで知る事になる「絶望」が裁きなんだろうか。
で、ラウルはデダルスに「神を殺しても何も変わらない。我々が細胞レベルの変わればいい」とあるべき姿への変化を求める。なんか凄いこと言い出したな。あるべき姿って外でも生きていけるってことなんだろうか・・・
デダルスは幼女リル(新しく造った?)を可愛がってる。
「僕以外の人にその笑顔を見せてはいけないよ」って・・・あぁ、この人は何を言っているの?気持ち悪い(サンホラ)と思った人は私だけじゃないはずだ。

・お爺様方の真の絶望とは?
・プラクシーワン(?)はここに来るまではどこにいたんだ?ビンセントたちのあとをこっそり追ってたんだろうか・・・
スポンサーサイト
【2006/07/23 15:40】 [アニメ/放映終了]Ergo Proxy (END) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<N・H・Kにようこそ!/ 01.プロジェクトにようこそ! 感想 | ホーム | Ergo Proxy 第17話 感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/164-988b6aa2
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。