スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
Ergo Proxy 第19話 感想


▼第19話「少女スマイル Eternal Smile」

世界スマイル園にようこそ!(NHKじゃないヨ!)

アメリカンな雰囲気漂う子供向けアニメみたいな感じだった。
てかネズミーランド???
Ergo Proxy OST opus02 Ergo Proxy OST opus02
TVサントラ (2006/08/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
アルとブル(ウィルBグッドが作ったキャラクター)はアドリブが多くて使えないから用無しだって言われてたけど、アドリブをするからこそキャラが生きてくるんじゃないかな。
となると「アドリブ=自我の覚醒」と置き換えられるような気がしてきた。
このスマイル園の世界って昔の絶対王政とか独裁政治をしている国に当てはまるよね。創造主=国の頂点にいる者の意思に背く者(アドリブをする者)は邪魔だから捨てる(投獄・死刑)っていうのが。
もちろん、ロムドにも当てはまる。

ピノって夢を見るんだ。夢っていうか、電波干渉かな。
ビンはピノの願い通り、スマイル園には寄らず。ピノを信じたってことが互いの信頼関係が厚いことを窺わせる。
そういえばピノはパパ(ラウル)のことはあんまり覚えてないのかな。というかビン&リル>ラウルって感じなんだね。

・ウィルBグッドが言っていた世界の終焉はスマイル園だけのことなのか、それとも全世界を指すのか・・・
・ビンの弱点ってあのペンダントなの?
スポンサーサイト
【2006/07/25 22:41】 [アニメ/放映終了]Ergo Proxy (END) * トラックバック(0) * コメント(2) *

<<ErgoProxy 第20話 感想 | ホーム | BLOOD+ 41感想>>
コメント
--桎梏よりはましです--
ウィルはあんな奴ではありましたが、人間の幸せについて願っていた人ではあったんじゃないかと思います。
もちろん自分のことも考えていたでしょうが、人を笑顔にするということが彼の平和だったので、その点そこまで悪い人ではなかったんじゃないかと。
しかし、『悲しい笑顔』なども含めて『パーフェクトな笑顔』と称す辺り歪みかけているような気もしますけどね。
アルとプル達に『笑顔が薄っぺらい』などといわれたときあんなにキレたのはそんなものしか作れない自分に彼なりに限界を感じていたということかもしれません。ドームの人たちにも結局『自然な笑顔』はなかった訳ですし、笑顔を作るためにつくった『出来損ない』のキャラクター達も所詮は彼が創ったものでしかありませんでしたしね。
さて、熱っぽく語ってしまいましたが、『アドリブ』を受け入れなかった彼の非なんでしょうけど。
ところで、彼が言っていたのは『世界の終わり』だと思います。『いずれ来るからせめてそれまでは笑顔で』という言い方をしていたと思うので。
【2006/10/31 17:41】 URL | ゆみ #-[ 編集] |
--ゆみさんへ--
そうですね。彼が笑顔を平和だと考えている辺り、ウィルはそこまで悪い人ではなかったのだと思います。これが笑顔ではなく別の「悲しみ」や「争い」だとしたら、殺伐とした世界になっていたでしょうし。
そう思うと彼の考えは素晴らしいものですよね。
ただ、やり方が悪かっただけで・・・

>アルとプル達に『笑顔が薄っぺらい』などといわれたときあんなにキレたのはそんなものしか~
なるほど。そうかもしれませんね。自分の世界を守りたいけど、限界がある。それに気づいているけれども、気づきたくないという思いがあったのかもしれません。
その辺は少し子供っぽい気もしますね。
【2006/11/01 12:22】 URL | cocoa (retire8:neo) #mQop/nM.[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/167-0fd18d64
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。