スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ErgoProxy 第20話 感想


▼第20話「虚空の聖眼 Goodbye,vincent」

今度はビンの夢?
目覚めるとロムド。そしてビンの意識がリルの中に・・・
その意識(存在)はリルがビンを裏切った罪から逃れるために生み出したもの。
リルにつけられた心理カウンセラー(スワン)に、リルの中から自分の存在を消す方法を聞く。
リルを殺せと迫るスワン。だが、ビンはそれを拒絶した。
Ergo Proxy 1 Ergo Proxy 1
恩田尚之 (2006/05/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スワンの首にはあのペンダント。
「別の女の匂いがついたもの(ペンダント)なんて?」ということから、別の女=リルでそのプラクシーは嫉妬している・・・?
モスコで見つけたペンダントが見せた夢・・・はたまたペンダントの持ち主が見せたものだとしたら、そのプラクシーはリルを殺したいと思っているということになる。
でもって、ビンのことを愛しているプラクシーといえばモナドプラクシー。うーん、いずれはモナドプラクシーは殺されちゃうんだろうか。

もし、リルを殺せと迫られそのまま殺していたら、リルは死んでいたと思われる。
死んでいなかったとしたらそれはそれで悪夢として終わりだし。
と考えるとビンの見たものは夢であり現実でもあった?
だとしたらビンは一時的にモナドプラクシーの干渉下(時間さえも止まる?)にあって、ビンがリルを殺した場合その未来に進み、殺さなかった場合はその未来に進む・・・ということなんだろう。と思ってみたり。プラクシーに次元を歪ませるような力があるのだとしたら、だけど。

*上の時間さえも止まる?について。
「我思う、故に君あり」・・・自分がそれの存在を認識しない限り、自分が見ている世界にそれは存在しない。と解釈すれば時間が止まったように思えるのかも?
・・・自分で言っててよくわからなくなってきたorz

ビンの願望はやっぱりリルとの結婚か。ついでにラウルを部下にすることらしい(笑)
スポンサーサイト
【2006/07/25 22:50】 [アニメ/放映終了]Ergo Proxy (END) * トラックバック(0) * コメント(2) *

<<祭りだ!祭りだ! | ホーム | Ergo Proxy 第19話 感想>>
コメント
--難しかったです--
スワンは、モナドとは別のプラクシーではないでしょうか?というのも、『お前もプラクシー・・・』とビンスが言っていたので。
あのペンダントはリルのものではないので、他の女=モナドなような・・・
『この子だってそう思ってるはず』のこの子ってリルなような・・・
私が見たときの解釈は、スワンというのは精神内に入り込んで戦うことのできるプラクシーで、あの仮想現実の中に巧みにビンスを誘い込み、じわじわと精神から殺してしまおうとしていたんじゃないかというものです。だから、ビンスが出れないように『願望の世界』に誘い込んだし、リル以外の他の女=現実を思い出させるものということで『嫌いよ』といったんじゃないかと。スワンが一目惚れたわけはないし・・・
モナドを仮想世界に創り出せなかったのは、ビンスが忘れていたから?脳内に入り込んでその情報を元に仮想世界を作り出したのだとしたら辻褄も合うかな・・・と。
スワンが『この世界が偽りだとしたら、あなたがいたところは何だったの?』みたいなことを言って惑わしたのも、ビンスを仮想の中に留めておくため・・・。エルゴプラクシーの姿に変身し、ピノに『だめぇー』などと止めさせたのも、全てはそのためだったのかな・・・と。自信はないです。馬鹿なことをいってるような気もするので、もしそうだったらどうか教えてください。
言われてみれば、リルがあのペンダントを持ってたときもあったわけですし、別の女=リルなのかも・・・

ところで、デダルスが弟役でしたが、妙に感心してしまいました。リルにとっての彼って実際そんな存在だったんじゃないかな、と思ってみたり。まあ、それが彼には不満だったのかもしれませんが。
加えて、ビンスのラウルさん愛妻家発言。今思えば、2話目で奥さんから電話もらったとき、心なしか上機嫌だったような気もしますし、17話の回想フラッシュバックでも奥さんが死ぬとこ映ってましたしね。奥さんも旦那好きっぽかったし・・・。ピノを邪険にしてたのはまさか嫉妬?ってこれは考えすぎですかね。
更に、リルの『おじいさまにとって重要なのはロムドの存続だけ』発言。なんだかリアル。
つまり、何が言いたいのかといいますと、もしかしたらあの仮想現実中の発言は的をいてているものが多いのではないかということです。
不思議ですよね。考えてみれば、ビンスが彼らの事情を詳しく知っている可能性は低いわけです。
心理学に『集合的無意識』という概念のがありますが、あれがスワンの創った仮想現実であり、ビンスの意図的な思考によってうまれたものではないのだとすると、何も知らないからこそ的をいてているんでしょうかねぇ。
なーんちゃって。やっぱり自信はあまりないです。意見お願いします。
あと書き忘れていましたが、私はブログはもっておりません。
【2006/11/03 02:31】 URL | ゆみ #-[ 編集] |
--ゆみ さんへ--
スワンはモナドとは別のプラクシーで、ビンを仮想現実に誘い込み精神から殺してしまおうとしていた、ですか。
脳内に入り込んで、その情報を元に仮想現実を作り出す・・・なるほど、面白いですね。
ということは、スワンはリルではなくビンを標的としていて、ビンが仮想現実でリルを殺してしまった場合、リルを殺してしまったという苦痛により、ビンは壊れていくというシナリオでしょうか?
私の解釈よりも、ゆみさんの解釈のほうが穴が無いように思えます。
ただ、私はリルがペンダントを持っていたのが気になるんですよね。どうしてわざわざリルにペンダントを渡していたのか。同じペンダントを持つ(しかも鍵となる大切なもの)ビンが持っているべきものだと思うので、そこに何か意味があるような気がしてならないのです。
まさかビンが「お揃い」だからなんてバカな考えはしないでしょうし(笑)逆に特に意味など無いのかもしれませんが(苦笑)

>もしかしたらあの仮想現実中の発言は的をいているものが多いのではないか
言われて見れば、そうですね。何も知らないからこそ、的を得る・・・大人が子供に気づかされるみたいに、現実にもそういうことってありますしね。

>ラウルの奥さん、ピノに嫉妬
これは私もそうなんじゃないかなー、と思ってます(笑)ピノをあんなに邪険にしてたのも、納得できますし。

この回は本当に難しかったですよね。ビンの妄想は面白かったですが(笑)
【2006/11/03 12:21】 URL | cocoa (retire8:neo) #mQop/nM.[ 編集] |
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/168-3a987445
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。