スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ひぐらしのなく頃に 「目明し編 壱話」 感想


今回から目明し編へ。
冒頭から衝撃的でした。どっちがどっち!?

さて、学園からの脱走シーン。なんか詩音がかっちょよく見えた。
黒服にグラサンの男がまたいいね。ボディガード?
そんないかついボディガードがエプロンつけてんのが笑った。
TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラック TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」サウンドトラック
TVサントラ (2006/07/21)
フロンティアワークス
この商品の詳細を見る
詩音は魅音と連絡を取り、色々と便宜を図ってもらう。
詩音は学園にいたため3年目の祟りについては知らなかったよう。
神主が死んだのは、ダム推進派の北条家を、オヤシロサマを祭る神主であり御三家ともあろう古手家が庇ったため。

運命の出会いは不良から・・・じゃなくて、不良に絡まれる詩音を助けたのは悟史。詩音は悟史に一目惚れしてしまう。
そしては詩音は悟史をもっと知りたいと行動する。

○レナ
なんか久々に見た気がする。悟史も自分と同じ経験をしているんだとか。
オヤシロサマの祟りにあったということなんだろうけど、よく生きてるなぁ。
レナは何者なんだ。

○詩音
悟史の話を聞くと必ず出てくる沙都子に嫉妬。
学校にて弁当を落として泣く沙都子にぶち切れ、蹴ったりと物投げたりという仕打ち。
まぁ、気持ちは分からないでもないが、ちょっとやり過ぎだよ。
駆けつけてきた悟史にその現場を見られ、かなり落ち込んでる詩音。そりゃ、そうだわな。
最後、叔母と沙都子が消えてしまえばいいと願って終了。

結果として叔母と悟史がいなくなるわけですが・・・それがまた沙都子への憎しみの引き金となりそうですね。

<メモ>
・本家はどうして詩音を殺さずに生かしておいたのか?
スポンサーサイト
【2006/08/02 23:27】 [アニメ/放映終了]ひぐらしのなく頃に (END) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<舞-乙HiME ベストコレクション | ホーム | ひぐらしのなく頃に 「暇潰し編 弐話」 感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/180-b74c9bc8
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。