スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ひぐらしのなく頃に 「罪滅し編 弐話」 感想


家に帰るとさっそく父がいない。
その間に通帳をチェック。リナが言っていた金額がそこに。そして、凄い勢いで減っていくお金・・・あぁ、やっぱり父のことなんだと、確信。
ひぐらしのなく頃に祭(限定版) (2006年12月発売予定) ひぐらしのなく頃に祭(限定版) (2006年12月発売予定)
PlayStation2 (2011/01/01)
アルケミスト
この商品の詳細を見る
・平和だと言う圭一。レナもリナのことを知る前は彼らと同じ場所にいたはずなのに、日常からズレていってしまうレナ。
そして、ついにリナを撲殺。最初は正当防衛だったけど、鉄パイプでぼこぼこに・・・リナの口が、歯が欠けていたりでグロかった。

・鉄平は台本通り、レナ父のところに殴りこみ。それを見ていたレナは鉄平をリナを殺害した場所に連れて行く。
そこで鉈の登場ですよ。鉄平を鉈で頭をカチ割って殺害。

・次の日レナは2人の死体をバラバラに。相当な精神がないとこんなことは出来ないよなぁ。
それをいくつかに分けて、ゴミ袋に入れる。

・一方、圭一たちは部活でゴミ捨て場へ向かう。
と、ここで罪滅ぼし編冒頭のレナが「一世一代の物語」語る場面へ―――
なるほど、こういう経緯であの場面になるんですね。これまでとは違った見せ方です。

・「自分達は仲間」だということを説く圭一。珍しく圭一の見せ場です(笑)
絆が深まったところで、死体は何処かの洞窟(?)に遺棄。これで皆、共犯ですね。

・レナが犯した罪を忘れるかのように過ごしていた日々ですが、綿流しの祭の日、大石刑事の姿が。
大石はあの死体の山を発見したんですかね?そして、すでにレナに目星をつけてるのか?

○参照リンク
http://app.blog.livedoor.jp/xenon44/tb.cgi/50550327
スポンサーサイト
【2006/09/07 18:29】 [アニメ/放映終了]ひぐらしのなく頃に (END) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<秋アニメ主題歌関連 | ホーム | メモ / ゲーム>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/226-d11ba92b
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。