スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
エル・カザド 1話「逃げる女」 ちょろっと感想


このアニメは「NOIR」「MADRAX」に続く3部作完結編なんですね。「NOIR」見てない。「MADRAX」もちょっとしか見てないヨ。

音楽担当が梶浦由記さんです。西部劇っぽい曲調のって初めて聞いたような。
そして挿入歌(?)では梶浦節全快!サントラが早く欲しいー。
OPはsavage genius。編曲を梶浦さんが手がけてます。ヴァイオリンの入りが好み。
EDはFJY。ロマネスク、なるほど。タイトル通りの曲調でした。こういう音楽もいいな。でも、好き嫌いが出そうな曲でもありますね。

本編は、エリスとか楽園とか仮面の男(ED)とか、サンホラを思わせる要素がいっぱいでしたw
あの赤い石は何なんでしょうね。あの経理(?)の女の人が持ってるのと同じ石なのかな。
そして、南には何があるのか。
今後はヤンマーニみたいな銃撃戦もあるのかな?

romanesque romanesque
FictionJunction YUUKA (2007/04/18)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/04/12 21:31】 [アニメ]ちょろっと感想 * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<鋼鉄三国志 1話「在野の孔明、深紅の陸遜を江東に放つ」ちょろっと感想 | ホーム | セイントビースト 第1話 ちょろっと感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/454-feaed221
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。