スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
TOKKO 特公 5話 感想


その昔、貴族は錬金術師に頼み、108のパーツからドゥルジの箱を作り冥界への扉を開けたが、冥界から来たものは人間を喰らっていった。
貴族は冥界への扉を閉ざすように言ったが、すでにパーツは108の悪魔になっていた。
その全てを倒さない限り冥界への扉は閉ざされない・・・
108ってどういう意味なんだろう。煩悩?水滸伝?数珠?
たぶんタイトルなどに梵字があるので「煩悩」だと思うんだけど。
しかし、悪魔は西洋、鬼とか梵字は東洋でしょ。なんか統一感がない
これがどう融合されて、どこで繋がるのかがこの先の見所かな。ただ単に「出してみました」だったら最悪。

さて、国樹田たちにようやく科捜研への強行捜査が許可されたが、それは直前になって取り消されてしまう。
このとき国樹田が本庁(だったっけ?)に殴りこみに行くんだが、扉からこっこり見ていた影・・・金きらきんのオッサンだよな?

雪乃の父、白石室長は町田事件の後に持ち込まれた「鬼の手」を研究。
「種としての進化」ではなく「個としての進化」が白石の研究テーマ。鬼の手から個としての進化を見た白石は自らも進化を遂げようと鬼の手を食べた・・・が本当のところの理由なような気もする。
人類が滅亡の危機にあるからって鬼の手を食べて、同類になろうとは思わないような。
この鬼の手を食べた化け物ってファントムと同類でいいのかな。

なんか2課とは別のファントムハンターが出てきた。原作3巻(だっけ?)の2人ね。

そういえば蘭丸の刺青は「破滅の印」だとか何とか。
白石には「共生者」って言われてた。

それにしても、あんまり話が進まないなぁ。

スポンサーサイト
【2006/05/27 23:06】 [アニメ/放映終了]TOKKO 特公(打ち切り) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<アリプロ  | ホーム | TOKKO 特公 4話 感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/62-906e492d
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。