スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ひぐらしのなく頃に 綿流し編 5・6話感想


魅音役の雪野五月さんの演技が素晴しい。

ひぐらしのなく頃に ひぐらしのなく頃に
島みやえい子 (2006/05/24)
フロンティアワークス
この商品の詳細を見る
-5話-
魅音が詩音のふりをして圭一に弁当を。
いつの間にお弁当を用意したんだ・・・?

お弁当を返しに言った圭一がチンピラに絡まれてるとき、詩音が「離せ」の一言でどんどん集まってくる村人たち・・・
雛見沢の人は結束が固いにしても怖いよ。

-6話-
鷹野さんの喋り方怖い!
綿流しの祭のとき、演舞のときに祭具殿に忍び込もうとしている鷹野さんと写真家の富竹さん。
それを目撃した詩音と圭一も、中に入ることに。
拷問具のようなものばかり。オヤシロサマの片腕がないけど、何かあるのかな。まさか、片腕は鉈を持っていたとか!?んな仏像ないか。

村人には半分鬼の血が流れてる。
ときおり人食い鬼の血が騒ぐと人里に出て生贄を攫う(=鬼隠し)
その後、綿流しの儀式が開かれた。
綿=臓物
上手くやればその人の意識はあるまま臓器を引きずり出すことが出来るとか・・・
古代ローマでは腸をウインナーのように引きずり出してさらし者にする刑があったとか・・・しばらくウインナーは食べれない・・・

詩音はどうして圭一を祭具殿に連れて来たの?というか足音って何!?

今回は鷹野さんと富竹さんが殺されたということで、オヤシロサマを静める生贄も2人・・・

詩音や富竹さんに会ったか?と執拗に聞いてくる魅音。
会ってないと言うと「圭ちゃんは悪い事には加担してないってみんなに言っておく」と・・・みんなって誰!?
スポンサーサイト
【2006/05/30 12:22】 [アニメ/放映終了]ひぐらしのなく頃に (END) * トラックバック(1) * コメント(0) *

<<ひぐらしのなく頃に 綿流し編 7・8話感想 | ホーム | 彩雲国物語 第8話「猫の手も借りたい」 感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/68-cc587089
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
ひぐらしのなく頃に 第6話 「綿流し編 其ノ弐 タカノ」
ひぐらしのなく頃に 第6話「綿流し編 其ノ弐 タカノ」 鷹野さんの登場です。 --- 恋華(れんか)【2006/05/30 12:44】
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。