スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ひぐらしのなく頃に 綿流し編 7・8話感想


綿流し編後半の感想。
謎だらけになってきた・・・
-7話-
村長が行方不明に。
詩音は村長が行方不明になったのは、祭具殿に忍び込んだことを話したからだと圭一に打ち明ける。

圭一は梨香に打ち明けてしまったから、彼女も行方不明になってしまうのではとレナと魅音と共に梨香の家に行く。
梨香と沙都子って一緒に住んでたんだね。

中に入る気配がなく、2階から忍び込もうと梯子を持って来た魅音。上る圭一・・・あぁ、嫌な予感。レナは2人を置いて人を呼びに行ってしまった。
案の定、梨香がいなくなったのは沙都子が疫病神だからに違いないと梯子を揺さぶる魅音。もう絵がめちゃくちゃに崩れてます。
そして「違いない、違いない、違いない、違いない、違いない・・・・」の連呼。やめてー!!
で、村人と共に鍵を持って来たレナが戻って来た瞬間、元に戻る魅音。
「助かったね」と一言。何!?どういう意味で言ったんだー!!?圭一危ないー!
結局、梨香と沙都子は見つからず行方不明に。

後半、大石に鷹野さん富竹さん殺害と同時に詩音も失踪したと聞かされる圭一。
じゃ電話してくる「詩音」は魅音か。
と、また「詩音」から電話が・・・お前は失踪したはずだと言うと、泣き声が笑い声に・・・イヤー!!


-8話-
全てを魅音に話す圭一。
と、魅音は自分がオヤシロサマの祟りを実行していたのだと話す。
魅音は名前(魅)にも体(OPの火傷みたいなの?)にも、そして心の中にも鬼がいるのだという。
鬼・・・鬼って何なんだろう・・・?

「圭ちゃんも町で不良に襲われた時、沢山の人たちに助けられたのを思い出しませんか?」
うん?どうして魅音がそれを知ってるのさ!?目の前のいるのが詩音なのか?あの場にいたのが魅音だったのか・・・でも、あの助けられた後におもちゃ屋で魅音に会ってるしなぁ・・・むー・・・

警察に自首の前に庭で圭一と散歩する魅音。
「詩音も圭ちゃんのことが好きだったみたい」
そうねー。で、その後、
「魅音があんたを好きになったの、分かる気がする」
・・・え?何だって?
「魅音「が」」って表現はおかしいだろ?アンタ誰ー!!?やっぱり詩音か!?
でもそうしたら前の台詞がおかしくなるわけで・・・む?ん・・・

場面変わって拷問場。
梨香と沙都子達の遺体は虫が湧くのが嫌だから井戸に捨てたって!Σ(°Д°;)
そして圭一は、結局捕まって磔に・・・手首だけでなく指まで拘束だなんて!それだけで見てられない。そして、両手の関節を釘で打つだって!痛いー!ヤダー!てか、釘を舐める魅音がまた恐ろしい(((( ;゚д゚)))アワワワワ
が、恋心が鬼に勝ったのか警察が駆けつけ時間切れのためか、圭一をスタンガンで気絶させ、魅音は身をくらます。

圭一も牢に監禁されていた詩音も無事に助け出され、一件落着かと思いきや、詩音はマンション(?)から転落死。部屋が荒らされ、誰かと争ったような形跡アリ。

そして引っ越す事にした圭一。夜中にやって来た魅音(鬼?)に刺され、病院に。
魅音に「次に私を見かけても話しかけないで。それは私の屍に取り付いた鬼なんだから」って忠告されたのに!圭一は馬鹿なのか?
この夜中にやって来た時間が丑の刻(午前2時)ってのが無事では済まなそうな空気プンプンだった。
丑の刻参りって言うじゃん。嫉妬深い女が妬ましく思う人を呪い殺すために、丑の刻に藁人形を?ってやつ。
てか圭一を刺したときの「間に合った?!出来た!全部出来た!私が殺したい奴はこれで全員!!あははははは!!」て魅音の台詞と笑いが怖い。イっちゃってる((;゚Д゚)ガクガクブルブル

最後、病院にて大石から
・鷹野さんは祭りの夜以前にすでに死んでいた。
・魅音は圭一たちが助けられた日に死んだ。

と聞かされる。
じゃ、圭一を刺したのは誰!?と思っていると、大石が去った後ベッドの下から手が!!
釘と金槌を持つ魅音。釘を関節に合わせ金槌を振り落とし―――BAD END
一体、いつから魅音は下にいたんだ?考えると怖いよぅ。・゚・(ノД`)

魅音の「次に私を見かけても?」って台詞、また圭一に会うだろうことを予測している台詞だよなぁ。どういう意味で言ったんだろう?


今回は精神的恐怖というより、エグい痛い怖さって感じ。
レナが普通の子だったなぁ。いや、名探偵だったw
にしても、最後のベッドの下から出てきた魅音は一体誰???
井戸で死んでいた魅音は別人?
それか、鷹野さんのフリをしていた人物が魅音のフリもしている?(第三者)
どこまで魅音が本当の魅音で、詩音が本当の詩音なのか。どこからで入れ替わってたんだ?・・・あぁ!双子のバカー!!

そういえば御三家って園崎家とどこ?1つは祭具殿を管理している古手家かな?もう1つは?
てか、魅音がワタ流しをするところを、きっとその御三家もあの座敷席で見物してたんだよね?うげぇ・・・

祭具殿といえば足音って何だったんだろう?
誰かが見ていたのなら、圭一にも聞こえていたはず。圭一が耳が悪いのでなければ(え)
となると雛見沢出身の人にしか聞こえてないとか?

で、今回圭一はどうして狙われたのか・・・
祭具殿に入ったことを謝るのが遅すぎた?謝り損ねた?
一番最初に魅音に「さっき詩音に会った?」って聞かれたときに、話していれば助かったのか?
でも、そんなんで殺されちゃうのもなぁ。
それともおもちゃ屋での人形をレナにあげたから?詩音と仲がいいのが許せないのか?
祭具殿のことと嫉妬心が絡まりあって殺害?でも、嫉妬だったらレナも殺害すべき側だよなぁ。
何か殺せない理由があるのか?レナってなんか怪しいしなぁ・・・

すっかりポンと忘れてたけど、綿流し編の1話冒頭の梨香が自害するシーンは何だったんだろう?確か梨香が包丁か何かで自害するところを魅音(か詩音)が狂喜しながら見ていたような。
この綿流し編を解読する鍵だったのか?

むーん、わからん、わからんよ・・・orz
あぁ、いつかスッキリさせてくれるのだろうか・・・

次回からは祟り殺編。
スポンサーサイト
【2006/05/31 01:33】 [アニメ/放映終了]ひぐらしのなく頃に (END) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<ErgoProxy 第11話 感想 | ホーム | ひぐらしのなく頃に 綿流し編 5・6話感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/69-4ae67e2c
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。