スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) *
ErgoProxy 第12話 感想


▼第12話「省察 君微笑めば meditatio XII hideout」

つ・い・に ビンセントがリルに告白ーっ!!
しかも押し倒しちゃったヨ!!

おっと、落ち着け、落ち着け。

Ergo Proxy OST opus01 Ergo Proxy OST opus01
TVサントラ、RADIOHEAD 他 (2006/05/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
前回の場面から、リルは首飾りをビンセントに返す。そして、ビンセントは自分がプラクシーだということをリルに話した。
だが、信じないリル。

デルタス医師からもらった対プラクシー用銃弾を使い、ビンセントが死ねば彼はプラクシーだったということが証明される。
彼が寝ている間に銃を向けるリルだが引き金を引くことが出来ず。
寝ているビンセントの傍らに座り、彼に語りかけるリル。
そしてその語りの途中目を覚ましたビンセント、リルを押し倒したー!!

「リルさん、好きです」

言っちまった!!なんか唐突すぎて笑えたw
んでもってリルからチュウだよ!驚くビンセント(そりゃそうだ)
この間、リルはビンセントから銃を取り上げたように見えたんだけど・・・暗くてどうも・・・
で、いいとこに邪魔者が。見知らぬ人(?)が食糧を強奪して行ってしまった。
追いかけるビンセント。口を拭うリル(笑)
残念だったね、ビンセント。リルはどうも思ってないみたいよ(苦笑)
ビンセントはリルの語りの台詞での
「お前に引き寄せられていたのかもしれない。旅の中で何度かお前のことを考えた」
辺りで勘違いしちゃったのかもしれないw

その後、ビンセントとは別のプラクシーがリルとピノに襲い掛かる。そのピンチを助けたのはビンセントだった。
プラクシーになったビンセントを見てリルは、彼が自分に「恐怖」を与えたプラクシーだと気づく。
リルにとって、日常だった日々に突然やってきた非日常がビンセントが与えた「恐怖」だったんだろうなぁ。

リルはデルタスに貰った銃弾でその効果を確かめなければならない。
放った銃弾は相手のプラクシーに当り、プラクシーは死んでしまった。
その遺体と共にイギーはロムドに帰還、リルはビンセントと共に先を進む事に。

イギーもコギトウイルスに感染してる予感。
襲ってきたプラクシーと一緒にいたオートレイブは何者なんだろう・・・
そういえばあの首飾りはどういう意味を持っているのか。ビンセントが13だったからプラクシーは13体はいるってことかな?
スポンサーサイト
【2006/06/01 22:50】 [アニメ/放映終了]Ergo Proxy (END) * トラックバック(0) * コメント(0) *

<<CLAMP IN WONDERLAND 2 1995?2006 | ホーム | ErgoProxy 第11話 感想>>
コメント
コメント トウコウ













管理者にだけ表示許可

トラックバック
トラックバックアドレス
http://dotcube.blog63.fc2.com/tb.php/71-fa7d5c66
・TBはお気軽にどうぞ。頂いたTBはお返ししますが、記事と関係のないものは削除します。
| ホーム || blog top |

アニメデータ

カテゴリー

エントリー

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。